化粧品成分:カルボマーとは?

ゲル状のものに多く使われている気がします。
「カルボマー」
これって、石油から出来た、合成ポリマーです。

合成ポリマー・・・
車のワックスも、ポリマー・・・

昨日、金太郎市場とかいうサイトで見かけたゲルクリームやピーリングクリームにも、
しっかりと「カルボマー」が入ってましたね。
「合成界面活性剤や、鉱物油は使用していません!」って、
書いてあったけど、合成ポリマーは使ってていいわけ?
良い商品イメージを出してるけどさ、石油由来成分が入っているってのは、
どうなんでしょうねぇ~

私は、いくら「肌がぷるぷるになります」って言われても、
それが合成ポリマーで作られた”ぷるぷる”なんて嫌ですわ。
きっと、その化粧品止めたら、合成ポリマーの膜がなくなるから、
肌がかさついちゃって、
「やっぱり、あの化粧品じゃなきゃ駄目っ!」ってなって、
ず~っと、合成ポリマーを塗り続けてしまうんだろう・・・。
あ~、恐い恐い。。。

この記事へのコメント

ぇーと
2007年04月04日 14:49
ヒアルロン酸もぽりまー
じゅんじゅん
2007年04月04日 15:35
ヒアルロン酸もポリマーなんですかっ!
知らなかったぁ~
通りすがり
2008年08月24日 12:46
カルシウムと消毒用のカルキを同じものとは言えないように、化学構造が違えば成分は全く異質なものになるので、カルボマーがポリマーだからダメというのは超素人考えですよ。
じゅんじゅん
2008年08月26日 00:19
所詮、素人の戯言ですから…。
う~む
2010年03月07日 04:16
それを言っちゃえばたんぱく質はアミノ酸のポリマーで、でんぷんは糖のポリマー

この記事へのトラックバック